名刺にとってデザインはとても重要性です

自分が親しくされたい方、気になる相手、またなんとなく名刺を渡された際に、もちろん名前や役職など目につくでしょうが、そのデザインが秀逸であればある程印象に残るでしょう。
名刺の役割は、名前の交換の役割もありますが、別れた後も相手に自分のことを覚えていて頂いて、今後の取引や仕事に役立てたい、または単に覚えておいてもらいたいという自己紹介的な面もあるでしょうが、そのどちらも相手に覚えておいてもらいたいと考えています。
その際には、デザインがかなりの重要性を持っています。
平凡なデザインでは、名前や役職を一瞬見てもらえても、印象に残ることなどできません。
グラフィックデザイナーなどの芸術系の仕事の方は、名刺に力を入れることで、自分の腕のプレゼンテーションさえすることが出来ます。
紙に和紙や通常とは違う素材を使ってみたり、あえて情報量を少なくしてみたり、また形を通常のものとは違って変形させてみたり、あとで見返してもらったときに、自分のことを印象的に思い出してもらうために、名刺のデザインはとても重要となってきます。